PracticalTips~手の込んだ手抜きを目指して~

楽してPCを操作することを求め続けるブログ

スポンサードリンク

【PracticalTips】0002_Ctrl+方向キーでセル移動

重要度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆  

方向キーでセルを移動し始めると、離れたセルへの移動が億劫になります。
5、6回ならまだしも何十回と[↓]を押すのは嫌すぎます(※1)。
このへんで早くもマウスが恋しくなりますがぐっと我慢してください。

 


次に習得するのは[Ctrl]+[方向キー]です(※2)。
これは連続してデータが入力されているセルの最後までジャンプできます。
現在のセルがブランクの場合、最初にデータが入力されているセルに着きます。
(向かった先に対象のセルがなければExcelの端っこにぶつかります)
はたからみるとセルの瞬間移動です。
Excelをものすごい速く操作してる人の「速く」の大部分はこの操作に因るといっても過言ではないでしょう。
今あまり速く操作できない人も、この操作を取り入れると速くなった気がしてワクワクできます。

先頭から末尾へ、途中から先頭へ、用途は多く使い方次第でかなり化けます。
今後紹介する操作方法は[Ctrl]+[方向キー]を前提としているものが多いので是非身につけてください。

f:id:kazuki-yamamoto-mc:20180516093645g:plain


※1
連打しなくとも方向キーはおしっぱでも反応します。
地味ですが身につけるべきコツです。

※2
今後キーの組み合わせについては次のルールに沿って記載します。
[A] + [B] :[A]と[B]を同時に押す(A、Bの順に押すがAはおしっぱ)
[A] → [B] :[A]、[B]の順番に押す(A、Bの順に押しAは離れても構わない)

スポンサードリンク